JAPAN TENT よくある質問/Q&A


留学生 International exchange students

応募方法
所定の参加申込書に詳しくご記入のうえ、身分証明書(学生証で顔と名前を確認できるもの)のコピーを添付して下さい。健康診断書のコピーは、今年1月以降にレントゲン検査、尿検査、問診等を実施したものをお送り下さい。
How to apply
Complete the official application form and
-   Attach a copy of an ID (Student ID allowing us to confirm your face and name)
-   A copy of a medical examination certificate issued after Jan 2017 (including X-rays, urinalysis etc.),
Please send documents to the JAPAN TENT COMMITTEE or submit them to the person in charge at your host institution (your college) by July 3rd.
参加資格
  • 1 日本在住の留学生のみ参加可能です。
  • 2 過去に参加経験のある留学生でも参加可能です。
  • 3 参加できるのは、18歳以上の応募者本人に限ります。(家族の参加はできません。)
  • 4 定員は300人です。応募多数の場合は抽選となります。
  • 5 応募書類はできるだけ日本語で記入して下さい。英語でも構いませんが、その場合現住所の欄だけは必ず日本語でご記入下さい。
  • 6 自宅から事務局指定の出発地までの移動以外の交通手段は事務局が全て手配します。また、ホストファミリーに宿泊費を払う必要はありません。
Qualification
  • 1 Restricted to International exchange students in Japan
  • 2 International exchange students who have participated in JAPAN TENT before can apply again.
  • 3 Age 18 years or older.
  • 4 The maximum number of participants is 300. If there are more than 300 applicants, participants will be selected by lottery.
  • 5 Please fill in the form in Japanese. (If it's not possible, English is accepted. However, please fill in your address in Japanese)
  • 6 Travel transportation (except from your house to the meeting point) will be provided. You will not have to pay for your host family as well.
健康診断書
JAPAN TENTは夏の大変暑い時期に開催されますので、事務局では留学生の健康状態を確認しています。そのため留学生のみなさんにはレントゲン検査や尿検査等を含む詳細な健康診断書をお送りしていただく必要があります。健康診断書は今年1月以降のものが好ましいのですが、ない場合は現在お持ちのものを送っていただいても構いません。ただしこの場合、参加が決定した時点で再度新しい健康診断書を必ずお送りください。
The medical examination certificate
You will have to submit a short medical examination certificate (issued after Jan. 2017), which includes X-ray and urinalysis. If it's not possible, you can send us an old certificate (issued before Jan. 2017). However, you will be required to submit a new medical examination when deciding to participate in JAPAN TENT.
ページトップへもどる

ボランティア学生 Volunteer students

学生の方々には主に、JAPAN TENT開催期間中やそれに至るまでの様々な業務のお手伝いをしていただきます。内容として以下のものが挙げられます。
  1. 金沢およびその他市町での留学生の出迎え、見送り
  2. 金沢プログラムの運営ならびに式典への参加
  3. 大会準備期間中の業務補佐 など
また、英語が得意な学生には語学スタッフとして留学生と直接触れ合う場で積極的に活躍していただきます。内容として以下のものが挙げられます。
  1. 留学生からの問い合わせ
  2. 留学生に電話連絡
  3. 郵便物や備品の手配 など
Volunteer students will help out preparing and organizing JAPAN TENT (before and during the event)
For example…
  1. Meeting international exchange students in Kanazawa and other city.
  2. Manage for the KANAZAWA PROGRAM and Welcome Ceremony
  3. Organize documents and supplies at the JAPAN TENT office etc…
Volunteer students who are fluent in English will be asked to help out as a
"Language STAFF"
  1. Handle problems from international exchange students accordingly
  2. Contact with international exchange students
  3. Make arrangements for the event
ページトップへもどる

ホストファミリー Host Family

心構え
JAPAN TENTには、日本を、石川を知りたいと思っている世界各国から日本に留学している学生が参加します。
留学生を、家族の一員という気持ちで温かく迎えて下さい。「お客様」扱いや特別な準備をしたりする必要はありません。一緒に食事をしたり、おしゃべりをしたり、散歩をしたり、遊んだりしながら、家族ぐるみの交流をするのがホームステイです。
あいさつ
初めて留学生に会うときは、とても緊張するものです。でも留学生も実は期待と不安のためにもっと緊張しています。それまで一緒にいた同じグループの仲間と離れ、初めて出会う人達と数日間を過ごすことになるからです。
初対面のあいさつは、普通の日本のお辞儀のあいさつで充分です。この時自然な笑顔で握手することで、あたたかい心の交流が生まれます。
握手は必ずしも世界共通のあいさつではないので、無理に握手することはありませんが、留学生のほうから握手を求めてきたら、右手で握手をして下さい。
※左手を不浄と考える人達(イスラム教徒、ヒンドゥー教徒など)もいるので、握手や受渡しの時に、左手を使わないように注意しましょう。
家の中の案内
  1. トイレ
  2. 和式のトイレを使うのは初めてかもしれません。戸惑っているようでしたら、詳しく教えてあげましょう。
  3. お風呂
  4. 湯船の外で体を洗ってから入ることや、お風呂の栓は使った後も抜かないでおくことなどを説明して下さい。外国人の多くは、自国で水やぬるま湯のシャワーを使っているため、日本のお風呂の温度は、熱過ぎると感じていることが多いようです。また、人と一緒にお風呂に入る習慣のない国も多いようです。
  5. 洗濯
  6. 留学生の方から洗濯をしたいとの要望があれば、洗濯機を貸し基本的には留学生本人に洗濯させて下さい。もちろん自分の家族同様、ホストファミリー側が洗濯をしてあげるのも良いでしょう。
  7. 泊まる部屋
  8. 留学生が泊まる部屋は個室でも、そうでなくても構いません。眠るとき以外に、たまに30分か1時間くらい、ひとりの時間を作ってあげるのもよいでしょう。手紙を書いたり、お祈りをしたりする自由な時間が必要なこともあります。たまにそっとしておいてあげることも心づかいのひとつであり、お互いが疲れないためにも良い方法です。
  9. 食事
  10. 普段の家庭料理を食べさせてあげて下さい。「お客様」のための特別な料理よりも、家族全員で楽しく食事することが最大のおもてなしです。ただ、気をつけていただきたいのは外国人である留学生には食べることのできないものもあるということです。個人差はありますが、生魚(刺身、寿司)、生野菜、よく火が通っていない肉類、納豆などの日本独特のものが食べられないことがよくあります。また、飲酒の習慣が日本より少ない国の方が多いようです。 そして、とても大切なことは、宗教やアレルギーのために食べられない物は、決して出さないということです。
  11. お手伝い
  12. 留学生が手伝いを申し出たときは、気軽に手伝ってもらって下さい。一緒に何かすることが、家族に早くとけこむきっかけにもなりますし、「お客様」でいることが留学生にとって心苦しいこともあるでしょう。お国料理を家族のために作りたいと言うこともあります。留学生が自国のことをホストファミリーに紹介するとても良い機会です。どうぞ作らせてあげてください。
  13. 外出にかかる費用
  14. この費用もホストファミリーに負担をお願いしています。あまり遠出をすることはないと考えられますが、もしも留学生が希望して遠い場所へ行くことになり、交通費がかさむようでしたら、留学生に交通費を負担するようにお伝えください。なお、JAPAN TENT開催期間中は、通常有料の美術館、博物館、公園などで、参加留学生と同行する場合は無料となる施設がありますので、時間があれば見学してもよいでしょう。
宗教のこと
  1. [イスラム教徒について]
  2. 食事
  3. 豚肉を食べることは戒律によって禁じられています。他の肉は、ハラルミートというイスラム教の儀式により屠殺された肉しか食べない厳格な人もいれば、ハラルミートは日本では手に入りにくいため旅行中に限っては、日本のふつうの鶏肉や牛肉を食べる人もいます。
  4. お祈り
  5. 原則として、1日5回のお祈りをすることになっていますが、旅行中であるなどのやむを得ない事情があれば、回数を減らすこともできます。お祈りは普段、10分程度で終わりますが、お祈り中は話しかけたりして、中断させないようにしてください。
  1. [ヒンドゥ教について]
  2. 食事
  3. 牛は神聖な動物とされているので、牛肉は食べません。普段は鶏肉などは食べますが、ヒンドゥ教徒の中には、菜食主義者も多く、人によって食習慣は様々です。
  4. 飲食
  5. 特に禁じられていません。
  1. [シーク教徒について]
  2. 食事
  3. ヒンドゥ教徒と同じように、牛肉を食べません。まったく肉を食べない菜食主義者もいます。
  4. 飲食・喫煙
  5. ともに禁じられています。
  1. [キリスト教について]
  2. 一般的には、特に気をつけることはありません。
お土産
自国の習慣によっては、ホストファミリーへのお土産を持参する留学生もいますが、留学生へのお土産は持たせる必要はありません。家に招かれ、食事をいただき、ともに過ごせたことで、充分すぎるほどのもてなしをすでに受けています。それ以上は、どうぞ気をつかわないで下さい。どうしても、お土産を持たせたいと思う方は、家族の手作りの品や写真など記念になる小さな物でお願いします。過去の例になりますが、高価な物をプレゼントされ、心苦しく感じた留学生もいます。留学生にとっても最大のお土産は、皆さんとの温かい思い出なのです。
各家庭への振り分け
基本的にはご希望に従い、留学生の振り分けを行います。ただし、場合によってはご希望に添えない場合もございますのでご了承下さい。

ページトップへもどる